トップページ
お知らせ
2019年度
【中学1年】文化祭企画プレゼン大会

【中学1年】文化祭企画プレゼン大会


  6月5日(水)、中学1年生はロングホームルームの時間を利用して文化祭での発表企画について
  プレゼンテーション大会を行いました。

  このプレゼン大会は、 文化祭で学年として発表する企画を最終決定するために行われました。
  駒東生として参加する初めての文化祭に向けて、 生徒たちが動きはじめたのは1か月以上前。 
  ゴールデンウィーク中に全員が企画案を作成し、班やクラスで発表や絞り込みの作業を繰り返し、
  残った企画を少しずつ練り上げていきました。 このプレゼン大会までに候補の企画は11にまで
  絞られ、プレゼン後の投票の結果、中1の発表企画が最終決定されることになります。プレゼン
  大会が行われるまでには、各クラスから選出された議長団による陰の努力がありました。 昼休  
  みに何度も集まり、企画の絞り込み方やプレゼン大会の運営方法などについて、議論を重ねて
  きました。

  当日は司会のほか、タイムキーパー、制限時間を超過したプレゼンターを強制退場させる係など、
  様々な役割に分かれて会を運営することになりました。

  さて迎えた当日、自ら名乗りをあげたプレゼンターたちは、どのグループも制限時間をめいっぱい
  使い、 自分たちが実現させたい企画の魅力を最大限にアピールしました。 聞き手の感情に訴え
  かける生徒、 原稿を持たず、 壇上を歩き回りながら演説する生徒、 様々な工夫が見られ、どの  
  プレゼンも教員の期待を上回るものでした。

  投票の結果、カジノ、映画、究極の挑戦、リニアモーターカーの研究、受験相談、文房具の研究
  などが文化祭当日の発表企画として決定しました。是非当日の発表を楽しみにしていてください。
 

  駒場東邦には、自分たちで企画を練り上げたりプレゼンテーションを行ったりする機会がたくさん
  あります。今回のプレゼン大会は、そのはじめの一歩となりました。これからも様々な経験を重ね
  ながら、現中1の66回生はますます企画やプレゼンのスキルを磨き上げていくことでしょう。


ページトップへ