トップページ
お知らせ
2019年度
【化学部】 第63回日本学生科学賞都大会 最優秀賞

【化学部】 第63回日本学生科学賞都大会 最優秀賞


  日本学生科学賞は、全国から数万点の応募がある中高生対象の科学コンテストです。地方審査で
  都道府県あたり数点に絞り込まれた作品が、中央審査に推薦されます。

  化学部の2チームが、都大会で下記の成績を修めました。

  第63回日本学生科学賞東京都大会
  【日時】 令和元年10月26日(土)(表彰式)
  【場所】 よみうりホール(大手町)
  【成績】 最優秀賞(中央審査進出)
        「ラテックスゴムの研究」(化学部樹脂班)
        奨励賞
        「発光反応の研究」(化学部発光班)

表彰式にて
 
  なお、過去5年間では以下の作品が中央審査へ出品されています。
  「リーゼガング現象と温度の関係」
  「化学実験データ管理システムの開発」
  「二層系BR反応の研究」
  「ケミカルガーデンの研究」
  「ゲル中の化学反応の研究」

  また、10月26日(土)、27日(日)に大阪市立大学で行われた「第16回高校化学グランドコンテスト」
  には4つの研究班が参加し、関西の高校生と交流を深めました。

リーゼガング現象の縞模様を取り出す(リーゼ班)
 

金属塩水溶液と石灰石の反応による発泡(ガラス班)
 
ラテックスゴムの伸び方の研究(樹脂班)
 
尿素結晶による「しおり」の作成(樹脂班)
 
全員で集合写真
 

ページトップへ