トップページ
お知らせ
2020年度
【中学2年】分散登校日・エンカウンター活動

【中学2年】分散登校日・エンカウンター活動


  6月4日(木曜)は中学2年生の分散登校日でした。午前・午後組に分かれて各クラス20人ずつの
  登校となりました。 今年度はじめて中2の各教室で活動を行いましたが、 何ともいえない感慨が
  ありました。
 
  身分証明書用の写真撮影を行いました。


  各クラスで「エンカウンター活動」(=出会い・心と心の触れあいの活動)を行いました。具体的には
  言葉を使わず、 距離をとった形で「伝言ゲーム」を行いました。担任が提示したお題をうまく身振り
  だけで5人に伝えられるか。クラスメイトの予想だにしない体の動きの数々に、教室が笑いに包まれ
  ました。担任から出されたお題は「メリーゴーランド」・「東京スカイツリー」・「名探偵コナン」・「山手
  線」など、なかなか難しいお題ばかりでした。

  「DJ」がいつのまにか「そば打ち」になったり、「ヘリコプター」がいきなり「カウボーイ」になったり、
  名(迷?)解答が続出しました。


  さらに、 『そうぞうする自由課題』の中間発表(1人1分間)を行いました。 この『そうぞうする自由
  課題』は、3月以降の自宅学習期間に、1人ひとりが自分のテーマをもって探求活動をするという
  ものです。

  生徒が発表してくれた内容は、 「長編小説の執筆」 ・「株を買って運用を始めた」  「1人で淋し
  かったからロボットをつくった」・「作曲(ラブソングをつくる)」・「去年学校で見たドキュメンタリー
  『東京干潟』の現地を訪ねた」など多種多様でした。

  これは「不気味の谷現象」という現象についての発表です。「人間に似たロボットに対する感情に
  関して、最初は好意を示すものの、だんだん外見が人間に近づいてくると、あるポイントで肯定的
  な感情が薄れてきて嫌悪感などの負の感情が急激に表れる」ということを探求してくれました。

  非常に個性的な探求やその人ならではのマニアックな視点に、 担任団のほうが驚かされること
  ばかりでした。そして、自宅にいる時間が長かったため、 料理に取り組んだ人が多かったことも
  印象的です。

  今週のオリエンテーション期間を経て、いよいよ来週からは「分散・時短登校での授業」が始まり
  ます。各科目の授業を通して、教室という場で、対面で生徒たちとやり取りができること、私たち
  教員にとっては一番の喜びです。
 


ページトップへ