〔生徒会活動〕

クラブ活動はさかんですか。

多くのクラブは週に3日か4日の練習、活動を行っています。クラブ活動への参加は決して強制ではありませんが、中学1年生のほぼ7割が体育部に入部し、残りの約3割が文化部へ入部し、同好会も含めほぼ全員が何らかのクラブに入っています。1人で2つのクラブをかけもちしている生徒もいます。なお、中学1年生は5月末まで仮入部での参加が認められています。また多くのクラブは夏休みに校外で宿泊合宿を実施し、さらに春休みにも実施するクラブがあります。

中学生と高校生とが、一緒に活動しているのでしょうか。

多くのクラブは中学・高校が一体となって活動し、顧問の教員による指導のほかに高校生が中学生の指導をすることが多く、先輩と後輩の絆や友情が生まれます。

部活動と勉強との両立は可能でしょうか。

自分の学習スケジュールや体力にあわせて適切な部活動を行うことは、心身に適度な緊張感や刺激を与え、生活のリズムや集中力を生みだします。部活動に熱中していても、授業を疎かにすることなく、自覚と意志をもって生活を切り替え、勉強にも力を注ぐことで着実に学力を培うことができます。そして多くの生徒は高校2年の10月か11月頃までにクラブを引退し、受験勉強に専念するようになります。本格的に受験勉強に取り組むのは部活動を引退してからですが、引退後の勉強に対する集中力には目をみはるものがあります。概して部活動を熱心に行っていた生徒の方が、集中力があるように思われます。


ページトップへ